お使いのブラウザではサイトが正しく表示されない可能性があります。
バージョンアップをおすすめ致します。

01文字のはらいの部分を書くときが、とても気持ちよくて好きです。
櫻井 愛々さん

02よい作品が書けるようになると、これからもがんばって続けようと思えます。
鈴木 育実さん

03習字を始めてから字が書くのが上手になり、字を書くことがもっと好きになりました。
竹下 優希奈さん

voice 01

文字のはらいの部分を書くときが、とても気持ちよくて好きです。

櫻井 愛々さん(埼玉県) 幼稚園生のころから文字を書くのが好きだったので、お母さんにすすめられて習いはじめました。筆で文字を書くときは、はらいの部分を書くのがとても気持ちよくて好きです。学校代表に選ばれた県の硬筆展覧会では、特選賞に選ばれました。学校でもそのことを知ったみんなが拍手をしてくれてうれしかったです。
今、むずかしいのは小筆で自分の名前をきれいに書くこと。もっと練習して、上手になりたいです。

櫻井 愛々さん

voice 02

よい作品が書けるようになると、これからもがんばって続けようと思えます。

鈴木 育実さん(愛知県) 字を書くのが上手になりたくて、小学1年生から習字教室に通っています。習字は、集中して書くとよい作品ができるので、がんばって続けようと思うようになりました。学校の授業でも先生や友だちにほめられるので、とてもうれしいです。
今、目標にしているのは、日本習字の生徒部八段位昇段試験に合格すること。そして、いろんな書体を書けるようになりたいです。

鈴木 育実さん

voice 03

習字を始めてから字が書くのが上手になり、字を書くことがもっと好きになりました。

竹下 優希奈さん(福岡県) 私が習字を始めたきっかけは、幼稚園の年中のころ、友達といっしょに教室に通うことになったことです。習字を続けることで、字を書くのが上手になるので、字を書くこと自体がますます好きになりました。コンクールで入賞することができたときは、とてもうれしかったです。また、以前書いた自分の字と見比べると、成長が感じられるので習っていてよかったなと感じます。これからは、たくさんの文字が上手に書けるよう努力したいです。

竹下 優希奈さん