お使いのブラウザではサイトが正しく表示されない可能性があります。
バージョンアップをおすすめ致します。

公益財団法人 日本習字教育財団

日本習字
創立65周年を
迎えて

筆走る、想いつながる 65th Anniversary

平成30年9月1日に創立65周年を迎えた日本習字。
長きにわたり書道文化の普及と発展に尽力できますのも、
皆様の熱心な習字学習の取り組みに支えられているからこそと存じます。厚く御礼申し上げます。
当ページでは65周年を記念し、これまでの歩みを写真とともに振り返ります。

65周年記念動画はこちら

65年のあゆみ

昭和

昭和28年(1953) 9月

原田観峰、
「西日本書道通信学会」を創立

発足当初、柳川に構えた事務所

発足当初、柳川に構えた事務所

全提出作品を一枚一枚添削指導する

全提出作品を一枚一枚添削指導する

昭和38年(1963) 3月

「西日本習字教育連盟」と改称

会員増加により大濠へ事務所を移転

会員増加により大濠へ事務所を移転

指導員による検定業務では、丁寧な添削指導が会員の支持を得た

指導員による検定業務では、丁寧な添削指導が会員の支持を得た

昭和41年(1966) 5月

原田観峰、毎日新聞社訪中視察団員として中国を訪問

10月

「日本習字教育連盟」と改称

昭和46年(1971) 4月

原田観峰、渡米し全米各地で交流活動を展開

5月

第1回「全国師範錬成講座」開催(国立京都国際会館)

受講者の相互交流を目的に大勢の会員であふれかえった

受講者の相互交流を目的に大勢の会員であふれかえった

昭和52年(1977) 4月

研修施設「すめら学園」を開園
(滋賀県永源寺町[現東近江市])

書の研修施設として指導者の育成を担った

書の研修施設として指導者の育成を担った

昭和59年(1984) 4月

第1回少年習字遣唐使団を
中国・西安市、北京市に派遣

第5回目のようす。国際交流活動の一環として派遣

第5回目のようす。国際交流活動の一環として派遣

11月

創立30周年記念式典を開催
(全国10会場)

総参加者数は1万名を超えた(写真=国立京都国際会館)

総参加者数は1万名を超えた(写真=国立京都国際会館)

昭和60年(1985) 3月

マレーシア「国際青年センター」の
建設助成

12月

文部省より「財団法人日本習字教育財団」設立許可

財団法人設立の許可書の授与

財団法人設立の許可書の授与

財団設立記念式典での原田観峰による挨拶

財団設立記念式典での原田観峰による挨拶

昭和62年(1987) 3月

第1回「公募日本習字展」開催
(東京・国技館)

「公募日本習字展」は日本有数の公募による書道作品展に成長

「公募日本習字展」は日本有数の公募による書道作品展に成長

「習字の祭典」開催

子どもたちに書道文化を楽しんでもらうことを目的とした

子どもたちに書道文化を楽しんでもらうことを目的とした

平成

平成年(1989) 4月

日本習字「墨画部」開講

水墨画と彩色墨絵の基本技法を学ぶことができる

水墨画と彩色墨絵の基本技法を学ぶことができる

平成3年(1991) 12月

社会通信教育『書写技能基礎講座・楷書編』文部省より認定(以後3講座認定)

当講座「楷書編」テキストには毛筆と硬筆の2講座がある

当講座「楷書編」テキストには毛筆と硬筆の2講座がある

平成5年(1993) 4月

創立40周年記念祭を開催
(国立京都国際会館)

平成6年(1994) 4月

研修施設「伊都の里研修所」開所
(福岡市西区)

年間を通し多彩な講座・研修が実施される

年間を通し多彩な講座・研修が実施される

平成7年(1995) 7月

創立者・原田観峰逝去(享年84歳)

原田観峰を偲び、1998年に「原田観峰-書とその生涯展-」を開催

原田観峰を偲び、1998年に「原田観峰-書とその生涯展-」を開催

10月

博物館「観峰館」を開館
(滋賀県五個荘町[現東近江市])

「書道文化と世界を結ぶ博物館」をコンセプトにオープン

「書道文化と世界を結ぶ博物館」をコンセプトにオープン

平成10年(1998) 9月

創立45周年記念式典を開催
(国立京都国際会館)

創立45周年を機に、財団の基本方針を改めて策定した

創立45周年を機に、財団の基本方針を改めて策定した

平成11年(1999) 4月

日本習字「くらしの書」開講

冠婚葬祭や実生活に役立つテキスト内容

冠婚葬祭や実生活に役立つテキスト内容

平成13年(2001) 1月

「日本習字全国席書大会21」を開催
(全国5会場)

新世紀を記念し開催

新世紀を記念し開催

2-3月

第1回「観梅展」の開催
(全国8会場)

第1回「観梅展」のようす、以後隔年開催

第1回「観梅展」のようす、以後隔年開催

平成15年(2003) 9-12月

創立50周年記念式典を開催
(全国7会場)

式典での葛西經子理事長(当時)による挨拶

式典での葛西經子理事長(当時)による挨拶

平成17年(2005) 10月

「観峰館」10周年記念式典を開催

開館10周年を記念して「観峰館紀要」第1号を発行、記念式典のほか講演会やコンサートを行った

開館10周年を記念して「観峰館紀要」第1号を発行、記念式典のほか講演会やコンサートを行った

平成18年(2006) 4月

日本習字「臨書部」開講

「九成宮醴泉銘」など古典を専門に学ぶコース

「九成宮醴泉銘」など古典を専門に学ぶコース

5月

新沖縄書道会館竣工

充実した展示施設を有し、沖縄における地域の書の拠点となる

充実した展示施設を有し、沖縄における地域の書の拠点となる

第1回「公募日本習字全国硬筆展」を開催

平成23年(2011) 2-4月

原田観峰生誕100年記念展を開催
(全国8会場)

原田観峰の足跡を振り返る「原田観峰生誕100年記念展」

原田観峰の足跡を振り返る「原田観峰生誕100年記念展」

平成24年(2012) 3月

内閣府より「公益財団法人日本習字教育財団」認定

平成25年(2013) 9月

創立60周年記念式典を開催
(東京国際フォーラム)

甲地理事長(当時)による挨拶

甲地理事長(当時)による挨拶

11月2日を「習字の日(書道の日)」に制定

「習字の日(書道の日)」11月2日は「いいもじ」にちなんだもの

「習字の日(書道の日)」11月2日は「いいもじ」にちなんだもの

習字の日についてはコチラ

平成26年(2014) 7月

日本習字福岡物流センター竣工

9月

「観峰館」新館竣工

開館20周年にむけ竣工、「特別展示室」を設ける

開館20周年にむけ竣工、「特別展示室」を設ける

平成27年(2015) 10月

「観峰館」開館20周年記念式典を開催

「観峰館」開館20周年記念式典を開催
観峰館についてはコチラ

平成30年(2018) 9月

日本習字は平成30年9月1日、創立65周年を迎えました

65周年ロゴ

65周年ロゴ

3大学習会(条幅・臨書・書写学習会)開催
3大学習会(条幅・臨書・書写学習会)開催

3大学習会(条幅・臨書・書写学習会)開催

創立65周年記念作品展 原田観峰の書「観峰―瞬間の息吹」

創立65周年記念作品展 原田観峰の書「観峰―瞬間の息吹」

▲ページトップへ

どこに電話したらいいのかな…そんな時はお気軽にお電話をください。

フリーダイヤル(通話料無料)

0120-232350

(平日9:00〜17:00)