お使いのブラウザではサイトが正しく表示されない可能性があります。
バージョンアップをおすすめ致します。

受講者の声

01これから習い始める下級生が「私のように上手くなりたい」と思うくらい上手になりたいです。
阿部 遥さん

02左利きの私ですが、今では右手で筆を持って書くことにすっかり慣れました。
土肥 かなえさん

03心のこもった文字が書けるよう、努力してがんばりたいです。
宮平 菜乃子さん

voice 01

これから習い始める下級生が「私のように上手くなりたい」と思うくらい上手になりたいです。

阿部 遥さん(青森県) 私は、小学校1年生の時に同級生にさそわれて習字を習い始めました。上級生が書いた字がとてもきれいで、私もきれいな字を書けるようになりたいと思い、一生懸命がんばりました。楽しく、分かりやすい先生の指導のおかげで、どんどん級が上がり、今では準四段になりました。習字が大好きなので、これからも習字を続けて、これから習い始める子が「私のように上手くなりたい」と思うくらい上手になって、下級生のお手本になりたいと思っています。

阿部 遥さん

voice 02

左利きの私ですが、今では右手で筆を持って書くことにすっかり慣れました。

土肥 かなえさん(島根県) 幼稚園の年中の時に習字を始めて、小学校6年生になった今も続けて習字を勉強しています。
私は、鉛筆を持つ手は左手なのですが、お母さんに「筆は、右手で持ったほうがいいよ」と言われて、右手で持つようになりました。最初は右手で筆を持って字を書くことはすごく難しかったのですが、今ではもうすっかり慣れました。
習字教室へ行くことをいつも楽しみにして、毎日すごしています。

土肥 かなえさん

voice 03

心のこもった文字が書けるよう、努力してがんばりたいです。

宮平 菜乃子さん(沖縄県) 私の習字教室は、先生が明るいので、みんなとても仲が良く、いつも楽しく習字をしています。
初めは、母にすすめられて何となく通っていましたが、習字を続けていくにつれ文字を書くことが大好きになっていました。続けることで、「がまん強さ」や「努力の大切さ」を学んでいる気がします。今では教室が楽しくて、おけいこの日が待ち遠しいです。
これからも心のこもった文字が書けるよう、努力してがんばりたいです。

宮平 菜乃子さん