お使いのブラウザではサイトが正しく表示されない可能性があります。
バージョンアップをおすすめ致します。

受講者の声

01教室に入った時と今の作品を比べると、まるで別人が書いたようで驚きます。
林 沙緒里さん

02字を上手に書く技術を身につけることと、集中力を高めることができます。
桐本 瑛生さん

03習字は僕にとって一番大切なものであり、大きな自信を持たせてくれたもの。
鳴川 健太郎さん

voice 01

教室に入った時と今の作品を比べると、まるで別人が書いたようで驚きます。

林 沙緒里さん(長野県) 小学校3年生で習字を始めてから、今までずっと八段位を目指して続けてきました。教室では、縦・横・斜め・丸の基本練習をしてから課題練習に入ります。教室に入った時の作品と今の作品を比べると、まるで別人が書いたようで自分でも驚いています。中学生になると行書も書くようになり、はじめは難しかったけど、お手本を見ながら筆を上手に動かして頑張っています。これからも先生の指導をしっかり聞き、正しくきれいな字を書いていきたいと思っています。

林 沙緒里さん

voice 02

字を上手に書く技術を身につけることと、集中力を高めることができます。

桐本 瑛生さん(石川県) 小学校1年生で日本習字を習い始めました。今年の1月に毛筆で八段の昇段試験に合格し、特待生として漢字部のお手本で練習しています。漢字部は難しいけれど、もっともっと練習して、上達していきたいです。今は、硬筆の八段位昇段試験合格を目指しています。
習字を学ぶことで、字を上手に書く技術を身につけることができるし、集中力を高めることもできます。習字をしていて良かったと思います。これからも続けていきたいです。

桐本 瑛生さん

voice 03

習字は僕にとって一番大切なものであり、大きな自信を持たせてくれたもの。

鳴川 健太郎さん(熊本県) 日本習字を始めて今年で5年目を迎えました。習字は僕にとって一番大切なものであり、大きな自信を持たせてくれたものだと感じています。市で特選という賞を取れたことは、学校の授業だけでは取ることができなかったと思いますし、この賞を取れた時は本当に感無量でした。
これまで習字を継続して学習してきて、現在は準六段まで到達しました。クラブと両立しながら一歩一歩しっかりと進み、目標の八段位取得に向かって努力していきたいと思っています。

鳴川 健太郎さん