お使いのブラウザではサイトが正しく表示されない可能性があります。
バージョンアップをおすすめ致します。

当財団について 情報の公開

くらしの書

『暑中見舞状』は、季節の便りとして日頃ご無沙汰している方や郷里の友人などに送る、夏の挨拶状です。
内容は、夏の挨拶文から始まるのが一般的で、暑い盛りに相手の安否を尋ね、こちらの様子を伝えます。

ワンポイントアドバイス

暑さを見舞う言葉は、天地に余白をとり、行の中心を通して、大きめの字でひとまとまりになるように書きましょう。 通信文は、行の中心を通して、やや小さめの文字で暑さを見舞う言葉の書き出し部分よりもやや下から書き始めます。 日付は、暑さを見舞う言葉よりもやや下げて書きます。 「暑中見舞い」は、梅雨明けまたは、二十四節気の小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前までに出すとよいでしょう。立秋以降は「残暑見舞状」を送ります。

ワンポイントアドバイス

文例

文例

▲ページトップへ