当財団について 事業活動

1. 書道の通信教育及び実習指導

初心者から上級者向けの書道作品制作まで、あらゆる年代の多様な目的に合わせた通信教育講座を行っています。教材の制作から添削指導、段級位の認定まで一貫した体制を整えており、学習の基本サイクルは毎月の手本(教材)4 月号から3 月号までの年度受講を基本単位としています。

通信教育

① 書写技能基礎講座[楷書編](6か月)文部科学省認定
② 書写技能基礎講座[行書編](6か月)文部科学省認定
③ 書道臨書講座[楷書I](5か月)文部科学省認定
④ 書道臨書講座[楷書II](12か月)文部科学省認定
⑤ 日本習字 漢字部(12か月)
⑥ 日本習字 かな部(12か月)
⑦ 日本習字 ペン部(12か月)
⑧ 日本習字 くらしの書(12か月)
⑨ 日本習字 墨画部(12か月)
⑩ 日本習字 臨書部(12 か月)
⑪ 日本習字入門講座【漢字部】(3か月)
⑫ 日本習字 幼児部(12か月)
⑬ 日本習字 小学1年(12か月)
⑭ 日本習字 小学2年(12か月)
⑮ 日本習字 小学3年(12か月)
⑯ 日本習字 小学4年(12か月)
⑰ 日本習字 小学5年(12か月)
⑱ 日本習字 小学6年(12か月)
⑲ 日本習字 中学1年(12か月)
⑳ 日本習字 中学2・3年(12か月)

  • 書道臨書講座[楷書Ⅰ]

    書道臨書講座[楷書Ⅰ]

  • 漢字部

    漢字部

  • くらしの書

    くらしの書

  • 墨画部

    墨画部

  • 幼児部

    幼児部

実習指導

書道の技能向上と、書道を通しての人格形成を図ることを目的として、当財団研修施設及び全国各地で実習指導を行います。

実習指導

資格認定

毎月の出品作品に対しては、朱筆添削指導と同時に、生徒・成人受講生それぞれの審査基準に従って段級位の認定を行い、 認定証を交付するとともに師範認定合格者に対しては免許状を交付します。

資格認定

▲ページトップへ

2. 書道に関する展覧会を開催

「公募日本習字展」、「公募日本習字硬筆展」、「観梅展」等、書道に関する各種展覧会を開催します。

書道に関する展覧会を開催

▲ページトップへ

3. 書道に関する機関誌その他の出版物の発行

博物館「観峰館」で開催する企画展の図録やガイドブック、各展覧会作品集、書道研究誌、通信教育受講生向け機関紙等を発行します。

  • 観峰館開館記念図録

    観峰館開館記念図録

  • 観峰館特別区画展図録「何紹基と同時代展」

    観峰館特別区画展図録「何紹基と同時代展」

  • 日本習字だより(一般受講生対象・毎月1回発行)

    日本習字だより(一般受講生対象・毎月1回発行)

  • たのしい習字(小中学生受講生対象・毎月1回発行)

    たのしい習字(小中学生受講生対象・毎月1回発行)

▲ページトップへ

4. 文字資料その他文化資料の調査研究と展示公開

文字資料や文化資料の収集及び、博物館「観峰館」をはじめとする諸教育文化施設において、所蔵資料の展示公開を行います。

  • 文字資料その他文化資料の調査研究と展示公開
  • 文字資料その他文化資料の調査研究と展示公開

▲ページトップへ

5. 書道に関する教育・研究機関への助成

わが国の伝統文化である書写書道教育の振興発展を促進するため、当該分野および関連分野の研究を助成し、もって時代を担う人材の育成に努めます。

学術助成による研究報告書

  • 学術助成による研究報告書
  • 学術助成による研究報告書
  • 学術助成による研究報告書
  • 学術助成による研究報告書

▲ページトップへ

6. その他目的を達成するために必要な事業

書写書道文化の啓発を目的に、国際交流や各種団体が実施する書道展等への支援ならびに後援をおこないます。

その他目的を達成するために必要な事業

国際交流

▲ページトップへ