当財団について 財団のあゆみ

昭和

28年(1953)9月

原田観峰、「西日本書道通信学会」を創立。
先人が築き上げた伝統的な書法に基づいた観峰の中正温雅で親しみやすい書風が人々に受け入れられ、九州を皮切りに西日本から関東、東北、北海道へと教育の場を拡大。

38年(1963)3月

「西日本習字教育連盟」と改組。

41年(1966)4月

原田観峰、毎日新聞社訪中視察団員として中国を訪問

10月

日本習字教育連盟と改称。

46年(1971)4月

原田観峰、渡米。全米各地で交流活動を展開。

5月

第1回全国師範錬成講座を国立京都国際会館にて開催。

52年(1977)4月

滋賀県神崎郡(現東近江市)に研修施設「すめら学園」を開園。

59年(1984)4月

第1回少年習字遣唐使団を中国・西安市、北京市に派遣。

11月

日本習字創立30周年記念全国大会を国立京都国際会館にて開催。

60年(1985)3月

マレーシア「国際青年センター」の建設助成。

12月

文部省より「財団法人日本習字教育財団」設立許可。

62年(1987)3月

「習字の祭典」及び第1 回公募「日本習字展」を東京・国技館にて開催。

平成

元年(1989)4月

日本習字「墨画部」開講。

3年(1991)12月

社会通信教育『書写技能基礎講座・楷書編』文部省より認定。以後3 講座認定。

5年(1993)4月

日本習字創立40周年記念祭を国立京都国際会館にて開催。

6年(1994)4月

福岡市西区に研修施設「伊都の里研修所」開所。

7年(1995)7月

創立者原田観峰逝去(享年84 歳)。

10月

滋賀県神崎郡(現東近江市)に博物館「観峰館」を開館。

10年(1998)9月

日本習字創立45周年記念式典を国立京都国際会館にて開催。

11年(1999)4月

日本習字「くらしの書」開講。

13年(2001)1月

日本習字全国席書大会21 を開催(全国5 会場)。

2月

第1回観梅展の開催(~ 3月・全国8 会場)。

15年(2003)9月

創立50周年記念式典を開催(~12月・国立京都国際会館ほか全国7会場)

17年(2005)10月

博物館「観峰館」10 周年記念式典を開催、観峰館紀要第1 号発行。

18年(2006)4月

日本習字「臨書部」開講。

5月

新沖縄書道会館竣工。

8月

第1回日本習字全国硬筆展を開催。

19年(2007)6月

日本習字五十年史刊行。

23年(2011)2月

原田観峰生誕100年記念展を開催(~ 4 月・全国8 会場)。

24年(2012)3月

内閣府より「公益財団法人日本習字教育財団」認定。

25年(2013)9月

日本習字創立60 周年記念式典を東京国際フォーラムにて開催。
11月2日を「習字の日」に制定

26年(2014)7月

日本習字福岡物流センター竣工。同8 月より稼働。

9月

観峰館新館竣工。

27年(2015)10月

観峰館開館20 周年記念式典を開催。