お使いのブラウザではサイトが正しく表示されない可能性があります。
バージョンアップをおすすめ致します。

入会のご案内

目的に合ったコースを探す

・基礎からしっかり習字を学びたい。

・習字の先生になりたい。

もっと詳しく

漢字部 漢字部イメージ写真

「漢字部」では、毛筆による漢字の基本五書体(楷書・行書・草書・隷書・篆書)を基礎から応用まで幅広く学習し、段級位取得や習字師範免許を目指します。基礎からしっかりと学びたい方を対象にした日本習字のメインコースです。また、将来、習字教室の開設を目指す方のため、児童の指導に役立つ「ひらがな」課題も学習できるようになっています。上級者は「条幅」(掛軸などで一般的に見られる作品のサイズ)の課題にも取り組んでいただけます。

手本

添削例

手本画像

手本画像

手本画像

手本画像

手本画像5

添削例

添削例画像

・普段の字を少しでもきれいにしたい。

・きれいな手書き文字で手紙を送りたい。

もっと詳しく

ペン部 ペン部イメージ写真

「ペン部」では、楷書の基礎練習から、心を込めて書きたい手紙文などに最適な連綿(文字を2字以上続けて書くこと)を交えた行書の学習まで、目的やメッセージの内容に適した書体を課題として学びます。
他にも名作文学の一節を味わいながら練習するコーナーや、上級者向けの鉛筆で書く「仮名古筆」の練習コーナーもあります。
実用から趣味にいたるまで、誰もが興味深く楽しみながら学べる人気のコースです。

手本

手本画像

手本画像

手本画像

手本は初心者が字形を学びやすいよう、最初は大きめの文字から練習できるように工夫されています。

手本画像

添削例

添削例画像

・冠婚葬祭や、日々の生活に役立つ実用書の書き方や知識を学びたい。

もっと詳しく

くらしの書 くらしの書イメージ写真

「くらしの書」では、日本人の伝統的な生活文化である冠婚葬祭の表書きや手紙・はがきなどの日常書から履歴書など社会で役立つ実用書まで、美しい書き方と書式を学びます。課題にあわせて、毛筆(課題によっては筆ペンも可)・硬筆いずれも用いた練習ですので、漢字部・かな部・ペン部とあわせて受講していただくとたいへん効果的です。暮らしの時折、人生の節目に必要な書を学び、普段の生活の中で活かしてみませんか。

手本

手本画像

手本画像

手本画像

手本画像

・中国や日本の古典(漢字)の筆跡を学んで、本格的な作品制作に挑戦してみたい。

もっと詳しく

臨書部 臨書部イメージ写真

「臨書部」では、主に中国の古典(漢字)を学習します。三千年以上の歴史を誇る漢字の代表的な古典を課題とし、それぞれの時代や書人によって異なる様々な書法、究極の美的表現の移り変わりを体感する上級者向けの本格的書道コースです。

手本

半紙

手本画像
手本画像

条幅

手本画像

見本画像

課題の古典についての特徴や時代背景もわかりやすく解説します。

添削例

添削例画像

見本画像

課題の古典についての特徴や時代背景もわかりやすく解説します。

・難しいけれど細字毛筆にチャレンジしたい。

・変体仮名をつかった散らし書きを学びたい。

もっと詳しく

かな部 かな部イメージ写真

「かな部」では、日本古来の優雅な「仮名文字」、四季の変化のある日本の美意識から生まれたともいえる「和歌の散らし書き」、「古筆臨書」を学習できます。上級者には[色紙][扇面][全懐紙]といった課題にも挑戦していただくことができます。
仮名独特の繊細な書線、文字と余白の調和から生まれる美の世界をぜひご体験ください。

手本

手本画像

手本画像

添削例

添削例画像

・水墨画や墨絵を楽しみたい。

・書とあわせて、長く楽しめる趣味がほしい。

もっと詳しく

墨画部 墨画部イメージ写真

「墨画部」では、水墨画と彩色墨絵の基本技法(用筆法・用墨法)を学びます。テキストには、連続写真による技法の図解を掲載していますので、初心者や絵が苦手な方でも安心して楽しく学べます。上級になると、詩句を加えた構図などの創作に必要な応用技法を学習します。ぜひ、毛筆の各コースと一緒にご受講いただき、自分だけの世界を表現してみてはいかがでしょうか。みなさんが楽しく上手に描ける技法を伝授します。

手本

手本画像

手本画像

原田訓介先生の写真

教本の筆者
原田 訓介先生

昭和11年生まれ、教職歴23年。昭和45年頃より、ネパール、ペルー、ニューヨークに滞在し、水墨画などの海外研修を重ねる。専門は油彩画で、二紀展、海外展ほかで活躍。

・こどもに正しい文字の書き方を学ばせたい。

もっと詳しく

幼児部イメージ写真・小学部・中学部 幼児部イメージ写真・小学部・中学部イメージ写真

習字は、単に文字を整えて書くためだけの学習ではありません。集中して丁寧に文字を書く習慣は、学校生活や社会生活に大切な忍耐力の養育に役立つことはもちろん、現代の子どもたちから失われつつある手指の器用さや視野の広さ、造形センスの体得にもたいへん効果的です。日本習字は、子どもたちの日常生活に必要なバランス感覚を自然に養うことのできる総合学習を目指しています。

手本

手本画像

手本画像

手本画像

手本画像

手本画像

手本画像

添削例

添削例画像

添削例画像

入会方法

日本習字で学ぶ方法は2通りあります。1つは「通信講座(個人)」で学ぶ、そしてもう1つは全国にある「習字教室(支部)」で学ぶスタイルです。

2つのスタイル

(1)個人会員は、日本習字との直接やりとりで学習を進めていきます。

(2)6人以上の団体受講を日本習字では支部と呼んでいます。
支部には、教室で指導する先生のいる「私塾支部」・同好の仲間が集まる「サークル支部」があります。現在全国にある支部では、支部長を中心に熱心な習字指導が行われています。

通信講座[個人会員]

通信講座の個人会員として入会される方には、日本習字教育財団から入会申込書と会費送金用の払込取扱票をお送りします。
申込書・会費を受領次第、手本を配本いたします。

習字教室[支部会員]

入会手続きについては、日本習字教育財団、または、お近くの日本習字教室へお問い合わせください。
住所変更などで教室への通塾が不可能になった場合は、移転先へ手本をお送りします。
教室の先生が実技指導にあたる教室では、月謝が必要です。
6名以上の団体でのお申し込みは支部として認められ、その代表者には特典があります。