当財団について 情報の公開

くらしの書

祝儀袋の表書きは、毛筆で書くのが正式です。濃く磨った墨を用いて 、楷書、または読みやすい行書で書きます。 弔事の場合は薄墨で書くのが一般的ですが、地域などによって異なる場合もあるので、 その土地の習慣に従って書くとよいでしょう。

ワンポイントアドバイス

下の図のように、上段に表書きを書き、下段に氏名を書きます。氏名は表書きよりやや小さく書きます。 それぞれ文字の大きさと、上下の余白に注意し、バランスよく書くことが大切です。この書き方は不祝儀袋、かけ紙の場合も同じです。

ワンポイントアドバイス

表書きが2文字の場合には、字間をたっぷりとって大きく書けますが、3文字、4文字となるにしたがい、文字は小さくなり、 文字間も、天地の余白も狭くしていきます。表書きの文字数は最大でも5文字まででしょう。

ワンポイントアドバイス

『結婚祝い』
・水引は、金銀や紅白の結びきりでのしをつけます。
・「寿」は長寿祝いなど、結婚祝い以外にも使われる表書きです。一般に表書きは、楷書、または行書で書きますが、「寿」の場合は草書もよく用いられます。
『水引の結び方』
・結びきり…再び繰り返さないようにという意味を込めて、結び目のほどけない「結びきり」を用います。(結婚・弔事・御見舞)
・蝶結び…何度あってもよい喜び事に、ほどけてもまた結べる「蝶結び」を用います。

表書きの「御結婚御祝」は4文字を嫌う方への配慮も含んだ書き方です。字数が多いので、2行に分けて書いて体裁よくおさめます。 名前は姓2文字、名2文字の4文字なので、字間を均等にとり、中心を通して書きます。

『通夜・葬儀・告別式』
・水引は、黒白または双銀の結びきりで、のしはつけません(関西などでは黄白の水引を用いる場合もあります)。薄墨で書くことが一般的ですが、地域によって異なる場合もあります。
・「御香典」は仏式、「御霊前」は宗派を問わず用いることができます。
・蓮の花が描かれた不祝儀袋は、仏式にのみ使用します。

ワンポイントアドバイス

『法要』
・「御佛(仏)前」は仏式の法要で用いる表書きで、一般に四十九日以降の法要に用いられます。

ワンポイントアドバイス

▲ページトップへ

文例

  • 連名で贈る場合

    連名で贈る場合
    目上の人から順に、右から左へと書いていきます。順序に迷うようなときは、五十音順でもよいでしょう。(目下←目上の順になります) ※一番右の氏名を中央に書く書き方もあります。

  • グループで贈る場合

    グループで贈る場合
    贈り主が4名以上になったら、代表者の氏名の左側に小さく「外一同」、「 ○ ○ 有志一同」などと書きます。 全員の姓名は別紙に書いて、中包みに入れます。

  • 会社名や住所を書く場合

    会社名や住所を書く場合
    会社名や住所を入れる場合は、氏名の右に小さめに書きます。

  • 宛名を入れる場合<1>

    宛名を入れる場合<1>
    団体の催しなどで、大勢の中の特定の一人に贈るときは、左上に相手の姓名を書きます。親しい人や、子どもに親しみをこめて贈るときにも宛名を入れます。

  • 宛名を入れる場合<2>

    宛名を入れる場合<2>
    左上に宛名を書いて連名で贈るときは、宛名に近い左側が目上になります。 (目上→目下の順になります)

  • <重要な祝い事に・長寿にも>

    <重要な祝い事に・長寿にも>

  • <お礼全般に>

    <お礼全般に>

  • <内々の祝いとしてお返しに>

    <内々の祝いとしてお返しに>

  • <お祝い事全般に>

    <お祝い事全般に>

  • <「祝」を離すか大きく書く>

    <「祝」を離すか大きく書く>

  • <別れを惜しんで贈るときに>

    <別れを惜しんで贈るときに>

  • <子どもたちへのお年玉に>

    <子どもたちへのお年玉に>

  • <年始回りの品物に>

    <年始回りの品物に>

  • <お見舞いのお返しに>

    <お見舞いのお返しに>

・「御餞別」には、紅白蝶結びの水引にのしをつけます。
・「快気祝」には、紅白結びきりの水引にのしをつけます。